社会人の時間が足りないは言い訳?Daigoの超時間術で自由をつくる!

ライフハック

 

社会人になってから頑張って働いているのに時間がない、、、

気づいたらどんどん仕事が溜まり残業続き、、、

もっと自由な時間があれば趣味を楽しんだり資格の勉強が出来るのに!!

あなたも悩める猫さんみたいなことを日々、感じながら生活を過ごしていませんか?

 

社会人になった途端に時間がなさ過ぎてやりたいと思ってることが全然できない、、

 

「毎日するべきTo Doリスト」をつくって実践してみたり、「仕事術」に関する本を読んでみたりと時間を有効活用しようとした方は多いのでは?

 

かく言う私も「なんとかして忙しい中から時間を捻出したい!」と思っていた一人でした。

 

…でもメンタリストのDaiGoさんによると「時間が足りない」という感覚は時間に対する捉え方によって発生しているのだとか。

 

「週40時間の自由をつくる超時間術」という著書を書いているメンタリストのDaiGoさんが誰でも簡単に時間を生み出すことができる方法をYouTubeで解説していました。

 

今回は自分の備忘録を兼ねて「誰でも簡単に時間を生み出す方法」を紹介します!

 

もしかすると「社会人だから時間が足りない」というのは言い訳でしかないのかもしれません(笑)

 

スポンサーリンク

社会人の時間が足りないは言い訳?①時間が足りない原因は?

「忙しい、忙しい」と言っている人ほど時間を無駄にしている。

 

メンタリストのDaiGoさん曰く、忙しくて時間がないと思っている人は、「週40時間」程度も時間を無駄にしているそうです。

 

1日5~6時間程度も時間を無駄にしていると考えると恐ろしいですね、、、

 

メンタリストDaiGoさんのYouTube動画では、そもそも時間がないと感じて時間を無駄にしている人が、「何故、時間がない」と感じるのかを解説していました。

 

時間がないと感じる主な原因は「忙しい」と考えることで発生する「時間飢饉」複数の作業を同時に行うマルチタスクによって発生する「時間汚染」にあるようでした。

 

「時間飢饉」とは

社会人になると飢饉という言葉なんて聞かなくなりますよね(笑)

 

歴史の授業とかで出てきた言葉ですが、「農作物が十分に実らず、食物が欠乏して人々が飢え苦しむこと」を指す言葉です。

 

要するに「時間飢饉」とは時間が十分になくて苦しんでいる状態ってことです。

 

この「時間飢饉」は「忙しいと感じてしまう」ことで発生します。

 

実際に忙しいかどうかは関係なく「この状況はすることが多くて忙しすぎる、、、」

 

このように考えてしまった時点で時間飢饉が発生するのだとか。

 

また同時に行うことが出来ないような複数の目標が対立してしまう場合にも時間飢饉が発生します。

 

例えばですが「将来の為に資格勉強を行いたい」、「付き合っている恋人と遊びたい」などいった同時に行うことが出来ないことが対立した場合ですね。

 

メンタリストDaiGoさんはこのことを「コンフリクト」と言っていました。

 

「忙しいと感じてしまった時点」で起こってしまう時間飢饉は非常にやっかいな存在です。

 

実際に人間は「時間がないと感じることで生産性が落ちる」ことが研究で分かっているのだとか。

 

実際は時間があるのにないように感じる

→時間がないと考えたことで仕事の生産性が下がる

→生産性が下がることで仕事に必要な時間が増える

→結果として本当に時間がなくなってしまう

 

ずっと時間がないと感じていると上記のような負のスパイラルが引き起ります。

 

「時間汚染」

時間がないと感じてしまう原因の「時間汚染」は、何かタスクをやっていて途中で別のタスクをしないとダメになり、作業が細切れになってしまう状態のことを指します。

 

例えば仕事中に大事なプレゼン資料を作成したのに、上司に別件で呼ばれて5~10分程度話をするだとか、電話がかかってきて電話応対しないといけないみたいな状況です。

 

複数の作業を同時に、もしくは短期間に並行して切り替えながら実行するような、マルチタスクでの作業は自ら時間をなくすために「時間汚染」をしていると言っても過言ではみたい(笑)

 

実際にマルチタスクが出来る人もいると思いますが、基本的にマルチタスクは仕事効率が悪くなるようです。

 

実際にハーバード大学の研究結果では、マルチタスクによるタスクを切り替える頻度の高さと仕事効率の低さに相関関係があるという結果が出ています。

 

完全に余談ですが、私は完璧にマルチタスクが出来ない人間で、マルチタスクをすると圧倒的に仕事効率が落ちて作業時間はかかる、作業成果物は酷くなるという散々なタイプです(笑)

 

ここまでで説明した時間がないと感じる原因である、「時間飢饉」と「時間汚染」を解決することが出来れば「時間がない生活」から抜け出せます!

 

実際に「時間飢饉」と「時間汚染」を解決するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

もちろんですがメンタリストDaiGoさんはその方法についてもしっかりと説明してくれています。

 

その方法の中で簡単でかつ効果的なものピックアップして紹介していきたいと思います。

 

社会人の時間が足りないは言い訳?➁時間をつくりだす方法とは?

「時間飢饉」と「時間汚染」それぞれの有効な解決策を紹介していきます!

 

いきなりすべてを行うことは難しいと思うので、「これなら出来そうかも」と思える方法から試していくのが良いかもしれませんね。

 

「時間飢饉」の解決策

時間飢饉は「忙しい」と感じることと「コンフリクトの発生」が原因で発生します。

 

メンタリストDaiGoさんが話していた2つの原因を解決する方法を紹介していきます。

 

①「忙しい」と口に出さない

人間は「忙しい」と思った瞬間にこれから忙しくなるだろうと不安に感じ、目の前のことに集中することが出来ずに「時間がない」と感じてしまいます。

 

忙しいと思わないようにするために「忙しい」と口に出さないようにすることが重要です。

 

「忙しい」と周囲に言ってしまうことであなたの時間はどんどんなくなっていく。

 

「時間がない」と感じてしまうのは時間の感じ方による錯覚である場合が多いです。

 

これは意識するだけでできると思うので、今日から「忙しい」と口に出さないようにして目の前の集中すべきことを淡々と取り組んでいきましょう!

 

➁可愛い動物の動画を見る

「忙しい」と感じ時間がないと思っている時は目の前のことに集中できておらず、先のことばかり考えてしまい心が落ち着いていない状況です。

 

そういって状況に陥っている時は心を落ち着かせる為の行動をとることで自分の時間を取り戻せます。

 

心を落ち着かせる方法は人それぞれだと思いますが、自分はYouTubeで「猫 可愛い 癒し」とかで調べて動画を見ることが多いです(笑)

 

可愛い猫動画はめちゃくちゃ偉大なぁと日々感じるばかり。

 

心が焦ってる時ほど自分の心を落ち着かせる為に一休みすることが大切です。

 

そうすることで時間がない感覚から脱出できます。

 

③人生の目的につながると考えて行動する

複数の目標が対立してしまい「コンフリクト」があることによって、時間飢饉が発生している状況を打破するには「人生の目的」を考えて、人生の目的につながる行動を行っていくことが重要です。

 

この人生の目的につながると考えて行動していくことが、時間がないと感覚から脱出できる方法であるとDaiGoさんはおっしゃっていました。

 

仮に「幸せに生活する」ことが人生の目的だとして「将来の為に資格勉強を行いたい」、「付き合っている恋人と遊びたい」という2つのタスクがある場合、どちらも「幸せに生活する」、人生の目的に繋がるタスクだと思います。

 

その場合は現時点で優先順位が高い方から1つ1つ行動していけば、時間がないと感じることはなくなっていきます。

 

そうすることで「コンフリクト」を消失させれば、時間がないと感覚から脱出でき時間を有効的に使うことが可能となります!

 

「時間汚染」の解決策

「時間汚染」はマルチタスクが原因で発生します。

マルチタスクを解決するための方法を紹介していきます。

 

①どんな小さな行動も時間を決めて集中して取り組む

マルチタスクを解決する方法は考え方を改めることが1番です。

 

あれもこれも同時並行で処理することは出来ないと理解した上で、タスクを1つ1つ行っていくようにしていましょう。

 

例えばですが「10分はメールチェック、20分はメールの返信、その後の60分からは企画書の検討」など「どのくらいの時間、1つの作業を行うのか」をしっかりと決め、その時間帯はその作業だけを集中して行えればベストです。

 

➁マルチタスクとなってしまう障害を取り除く

できるだけマルチタスクとなってしまう要因は取り除くことも大切です。

 

中々、仕事中に行うことは難しいかもしれませんが時間がない感覚から脱出するには、大事なことに取り組んでいるのなら「スマホの電源を切る」、「誰からも声をかけられない状況をつくる」ことなどが重要だと思います。

 

実際にDaiGoさんは時間汚染となりそうな障害は取り除くように徹底していると話していました。

 

この話を聞いてから自分も1つの作業をする時はスマホを目の前から遠ざけて作業をするようにしています!

 

実際にその方が集中して作業ができているし、「いつの間にか時間がない」というような感覚からは抜け出せていますね。

 

社会人の時間が足りないは言い訳?③まとめ

今回は忙しいと感じている社会人の方に有益だと感じた、メンタリストのDaiGoさんの「誰でも簡単に時間を生み出す方法」を紹介していきました。

 

紹介したことを簡単にまとめると下記のようになります。

 

・時間がないと感じる原因は主に2つで「時間飢饉」と「時間汚染」

 

・「時間飢饉」は「忙しいと感じる」ことと「コンフリクト」が原因

 

・「時間飢饉」から脱出するには「忙しいと口に出さない」、「可愛い動物の動画

見る」「人生の目的を考えて、それに繋がる行動をする」ことが大事

 

・「時間汚染」は「マルチタスク」が原因

 

・「時間汚染」から脱出するには「時間を決めて行動する」「マルチタスクの障害は取り除く」ことが大事

 

メンタリストのDaiGoさんの考え方を取り入れて時間がないという言い訳から脱出できるといいですね。

 

自分も忘れずに意識して時間に余裕のある生活をしていきたいと思います!

 

それでは今回はこのへんで。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

※参考動画 「週40時間の自由を作り出すための超時間術 ~時間認知のゆがみを矯正して失われた時間を取り戻すには」

 

コメント