フットサルでパスコースがない時の対処法!3つの方法でピンチを脱出

フットサル パス オフェンス

フットサルのゲーム中にパスを受けたものの、パスコースがなくて焦ってしまった経験は誰しも1度くらいはあると思う。

 

そんな状況に遭遇すると、あたふたしている内にボールを奪われたり、繋がりそうにもない味方にパスを出してボールをパスカットされることが想像できるだろう。

 

せっかくのボールを自チームが持っていてチャンスなのに奪われるとなると非常に勿体ない。

 

ではそんな時にどうすれば良いのだろうか?

 

今回はボールを受けた時、パスコースがなかった場合にどう対処すればボールを奪われなくて済むのかをお伝えしたい。

 

スポンサーリンク

フットサルでパスコースがない時の対処法 まず考えること

慌てる男性

ボールを受ける前やボールを受けてから周囲を見た時に味方へのパスコースがないと焦る気持ちは非常によく分かる。

 

フットサルは比較的、コートが狭いので相手DFの守備が上手く働いていれば、そのような状況は何度も訪れる。

 

その為、ホシノはそんな状況でも出来る限り焦らないよう、パスを受けた時にパスコースがない場合にどんなプレーをするか優先順位をつけて決めている。

 

その優先順位をつけたプレーが、

  • 仕掛ける(パスコースをつくる、ドリブルで仕掛けてシュートを打つ)
  • 組み直す(ゴレイロにパスを出す)
  • リスクヘッジする(相手DFの裏のスペースに浮き球を蹴る)

このような優先順位でプレーしている。

 

そしてこれらのプレーをどう決定するかは、

  1. ボールを持っている自分へのプレッシャーが激しいか
  2. どこでボールを受けているか

この2つのポイントを元に決めている。

 

このポイントを踏まえてどのプレーを選択するかを正しく判断できれば、即失点につながるような大きなミスはしないで済むだろう。

 

フットサルでパスコースがない時の対処法① 仕掛ける

フットサル パス

フットサルでパスコースがない時に1番行いたいプレーは仕掛けるプレーである。

 

具体的には「パスコースをつくるプレー」「ドリブルからのシュートのプレー」である。

 

このどちらかのプレーを選択する時は、相手DFのプレッシャーが遅れているか、あまりDF能力が高そうではなく緩い場合が基本となる。

 

そしてドリブルからシュートを選択する場合は、相手陣のサイドラインの辺りでボールを受けた場合だ。

 

futsal-space2

雑で申しわないが、この赤枠でボールを受けた場合はドリブル仕掛けていくべきだろう。

 

パスコースがないということは自分以外の味方に相手DFのマークが密着していることを意味するので、自分が対峙するDFを交わすか抜けばシュートを打つ時間が十分にあるだろう。

 

この位置で受けてドリブルを仕掛けられる場合は積極的に仕掛けよう。

 

ドリブルについては改めて別記事で解説や参考にしたい動画などをお伝えしたいので、このくらいで。

 

むしろ今回の記事でお伝えしたいのは「パスコースをつくるプレー」だ。

 

これが意識してできるのとできないのではプレーレベルが大きく変わると個人的には思う。

 

上手いプレーヤーはこういうプレーが無意識に自然とできているだろう。

 

「パスコースをつくるプレーはなんぞや?」という人は下記の動画をみて頂きたい。

【バルサ徹底解説】激ヤバプレー続出!!バルサvsチェルシーを実況解説してみた!!【ドリブルデザイナー岡部】

「出典 【バルサ徹底解説】激ヤバプレー続出!!バルサvsチェルシーを実況解説してみた!!【ドリブルデザイナー岡部】」

この動画の8分25秒~8分50秒あたりの、バルサのデヨング選手のプレーがパスコースをつくるプレーになる。

 

要するに自分がドリブルすることで相手DFを動かしマークをズラさせ、味方へのパスコースをつくるプレーのことを指す。

 

良さそうな動画がこれしかなかったのだがフットサルでもこういったプレーはよくみられる。

 

ボールをトラップした位置よりも1タッチ2タッチで、ボールをズラすことが大事。

 

そうすることで相手DFがポジションを修正しなければ、マークがズレるのでパスが通るようになる。

 

また相手DFがマークを修正しようとした場合、味方が上手く動いてくれれば、それはそれでマークがズレるのでパスが通るようになる。

 

ただマークがズレるのは一瞬であることが多い。

 

動画などでみると簡単そうだが、いざやるとなるとタイミングが難しいので練習が必要だ。

 

そしてこのプレーは相手DFのプレッシャーが緩ければ基本的にどこでもできるだろう。

 

フットサルでパスコースがない時の対処法➁ 組み直す

フットサル バックパス

フットサルでパスコースがない時に2番行いたいプレーは組み直すプレーである。

 

具体的にはゴレイロにパスをだすことだ。

 

ボールを受けた時に味方へのパスコースがないと焦ってしまうが、基本的にゴレイロはフリーでいる。

 

相手DFのプレッシャーが激しくボールを奪われそうだと、自陣のスペースで感じた場合は組み立て直す為にゴレイロにパスを出そう。

 

ゴレイロにはパスを出した後はそのまま立ち止まらず、ゴレイロから再びパスを受けれる位置に動くか、自分をマークしているDFの裏のスペースに走るなどマークから逃れるようにするのが良い。

 

ただゴレイロにパスを出すときにはバックパスのルールを理解しておく必要がある。

 

これを知っておかないと反則となる可能性も。

 

フットサル規則12条に以下のように記述がある。

①キーパーが保持していたボールを離した後、ボールがハーフラインを越える前に、または相手側によって触れられるかプレーする前に、味方競技者からボールを受ける。

②味方競技者によって意図的にキーパーにキックされたボールを手で触れるか手でコントロールする。

「引用 https://activel.jp/」

 

簡単に説明しておくとゴレイロからパスで始まった場合、

  1. ハーフラインを超えるか
  2. 相手側のチームの誰かがボールを触るか

このどちらかがないとバックパスが反則となる。

 

上記のどちらかが適用されている場合はバックパスをしても反則にはならない。

 

再度、ゴレイロがパスを受けた場合はルールがリセットされ、どちらかが適応されないと反則となる。

 

このルールを知らずに大会などでバックパスをすると反則になり、そこから間接フリーキックを相手に献上してしまうので気をつけてほしい。

 

フットサルでパスコースがない時の対処法➂ リスクヘッジ

フットサル ループパス

フットサルでパスコースがない時に3番行いたいプレーはリスクヘッジするプレーである。

 

具体的には相手チームの裏のスペースに浮き球でボールを蹴ることだ。

 

これはゴレイロにパスもだせず、相手のプレッシャーが早くトラップした瞬間にボールを奪われそうな時に最後の手段として行うプレーになる。

 

futsal-space1

基本的に味方に繋ぐという考えは捨てて、画像の赤枠のスペース(相手DFの裏)に蹴って、時間をかせぐ、または立て直すのが目的だ。

 

パスを繋ぐことやボールを保持するという考えは捨てて、「今、失点を避ける」ことを最優先にボールを蹴ろう。

 

中途半端に蹴ると裏のスペースに蹴れず安易に相手チームにパスカットされることも可能性としてはあるので、思いっ切る蹴るくらいで良いだろう。

 

このプレーはけっこうプロでも行われている。

 

リスクをとっても意味ない状況ではリスクをとらないプレーも重要ということだと思う。

 

このように相手の裏のスペースにボールを蹴るしかない時は相手DFの守備が完全に機能していることを表しているので、素直に相手DFの守備を称えよう。

 

ここでパスコースがないと味方同士言い争ってもあまり良いことは、これまでの経験上ない(笑)

 

まとめ

今回はホシノがフットサルでパスコースがない時にどう考えプレーをしているかを紹介した。

 

今回の記事をまとめるとこんな感じ。

 

S.K
ホシノ

・パスコースがないと焦るのは次のプレーが明確じゃないから

 

・パスコースがない時のプレーの選択肢は大きく3つ

 

・①仕掛ける(パスコースをつくる、ドリブルからのシュート)

 

・➁組み直す(ゴレイロへのパス)

 

・ゴレイロのパスは反則に注意

・➂リスクヘッジ(相手DFの裏のスペースにボールを蹴る)

 

 

 

今回、お伝えした考えをフットサルのプレーで実際に反映させることができれば、今よりもパスコースがないから焦ることはないだろう。

 

3つのプレーの中で上手いプレイヤーは圧倒的に仕掛けるプレーが多い。

 

特にパスコースをつくるプレーができると細かいので気づかれない可能性もあるが、非常に味方のメンバーから重宝されると思う。

 

また上手いプレイヤーになればなるほどこの3つの判断が早い。

 

自分が不利な状況であればいくら上手くても組み直しやリスクヘッジのプレーを選択している。

 

このへんの判断はフットサルをしていく中で身につくと思うのでどんどんフットサルをしてきましょう。

 

今回の記事はここまで。

 

最後までお読みいただきありがとう!

 

コメント