個サル参加で気を付けるべきポイント!1人でもフットサルを楽しもう

フットサル

フットサルをやりたいと思った時に気軽に1人で参加できる個サル(個人参加型フットサル)

 

本来だと最低10人は必要な競技であるフットサルが1人で参加して出来るのはとても嬉しい

 

社会人の人なら分かると思うが、休日に休みを合わせて10人の人が集まるのは中々難しいものだ。

 

気軽にフットサルを楽しむことができるのが個サルの最大の魅力であるが、気を付けて参加しないと大変なことになりやすいのも事実。

 

特にフットサルを始めたばかりの人が個サルに参加することで「…フットサルつまらん」ということにもなりかねない。

 

今回はそんなことにならない為にも個サルに初めて参加する人が気を付けて欲しいポイントを紹介する。

 

スポンサーリンク

個サル参加で気を付けるべきポイント ①レベルを確認する

「出典 https://www.pivo.co.jp/column/2070/」

まず1番重要なのは参加しようとしている個サルのレベルの確認を行うことだ。

 

普段はチームで参加でフットサルをしている人、元サッカー部で久しぶりにフットサルする人、最近、フットサルをはじめた初心者も、初めて参加する個サルはレベルを確認しよう。

 

参加する個サルによっていろいろなレベルで別れていると思う。

 

ホシノが見てきた感じだと下記の表の4つのどれかに分かれることが多い。

フットサル始めたばかりの初心者レベル ちょっと練習してからゲーム
フットサル初めたばかりの初心者レベル ゲームのみ
初心者~中級者レベル(楽しくフットサルしたい) ゲームのみ
中級者~上級者レベル(競技志向でフットサルしたい) ゲームのみ

 

フットサル始めたばかりの初心者と、まだ自分のプレーに自信がない初心者は1番目か2番目のカテゴリーに参加するのがよい。

 

ある程度ボールが触れるというのであれば上から3番目がよいだろう。

 

おそらくだが3番目のカテゴリーで個サル開催が1番多いと思う。(単純に需要が1番大きい)

 

しかしここが1番注意してほしいところであるのだが、3番目のカテゴリーはほんとにいろんなレベル・フットサルの考え方の人がくる。

 

フットサル初心者じゃない?と思う人もいるし、ばりばり上手くて競技志向なガチな人やん…みたいな人もいるので、まさしくカオスな状況なのが3番目のカテゴリー。

 

これはある程度しょうがないのだが、

  • そもそもレベルの区分が雑(区分を細かくすると人が集まらない可能性もあるので仕方ない)
  • 1番下の競技志向のカテゴリの個サル開催が少ない(単純に競技志向の人が少ないのだと思う)
  • 自分が該当するカテゴリに参加することが難しい(仕事とかの都合など)

 

上記の理由から様々なレベルの人がくるし、思ったよりも参加者のレベルがハイレベルということが往々にして起こる。(3番目と4番目のレベルが逆転しているのでは?と思う時が多々あるくらい)

 

3番目のカテゴリーはフットサルを楽しみたい人がくるカテゴリであるので、そんなミスしたらガミガミ言うような人は基本的にはいない。(たまにいるので、その時は運が悪かったと思うしかない)

 

しかしながら確実にボールが触れる機会は減ると思うので、プレーに自信がない人は1番目か2番目のカテゴリーに参加しましょう。

 

またレベル分け以外にも個サルに参加する時間帯でけっこうレベルが変わることが多い。

 

20人が参加する個サルだとすると5人~10人くらいは、ずっと参加している常連さん(ホシノは個サルの主と呼んでる)がいたりする。

 

その常連さんが上手いならその時間帯の個サルのレベルは高くなりやすいし、逆であれば低くなりやすい。

 

もしあなたがいろいろな曜日の時間帯に参加できるなら、最初はいろいろ参加してみて自分のレベルにあった個サルを見つけるのも最大限フットサルを楽しむのに有効だ。

 

めっちゃ余談あるが常連さんでめっちゃ個サルを仕切りたがったり、常連さん同士だけでチームを組んでプレーしたがる人が多い個サルは参加を避けておいた方がよい。

 

なんか常連さん特有の空気ができていてあんまり楽しくないことが多い、余談だが念の為のお話。

 

個サル参加で気を付けるべきポイント ②マナーをまもる

個サルに参加する場合、ほとんどが初めて一緒にフットサルをする人になる。

 

気持ちよくフットサルをするためにも、他の人から嫌われるようなプレーや行動はやめるようにしよう。

 

他の個サル参加者から嫌われるようなプレーについては下記の記事にまとめているので参考にしていただきたい。

 

フットサルでうざい奴と嫌われる人の特徴?下手でオナドリは厳禁!
知らない人とフットサルする時は注意が必要なのも事実。仲間内だと好き勝手にプレーしても大丈夫だが、知らない人とのプレー時に自分勝手なプレーをしていると「うざい奴」というレッテルを貼られる。今回はそんな「うざい奴」にならない為に必要なことをお伝えしたい。

 

ここで1つだけ言うならマジでドリブルしかしないプレーヤーは嫌われる

 

最悪1人でドリブルしてシュートまでで終われば良いが、結局、奪われて守備にも戻ってこずみたいなプレーは本当にダメ。

 

最悪、ボールがこなくなる可能性もなくはないので、ほどほどにドリブルしましょう。

 

また個サルではゲームの前にその個サルでのローカルルールを話してくれることが多い。

 

そのルールもちゃんと守るようにしましょう。

 

大体はラフプレー禁止、スライディング禁止、強いシュート禁止などである。

 

個サル参加で気を付けるべきポイント ➂ネットワークビジネスに気を付ける

結論から話すと個サルはネットワークビジネスやっている人がはびこっている(笑)

 

  • 個サル参加者は転勤者が多く、あんまり友人がこの近くにいないので友達が欲しい
  • 基本的に1人で参加している人ばかりなので声をかけやすい
  • フットサルという共通項があるので声をかけやすい

 

上記の理由からネットワークビジネスの勧誘目的の声掛けがけっこうある。

 

ホシノは声掛けやすそうな雰囲気がでているのかもしれないが、これまでに2回ほどア〇ウェイの勧誘を個サルに参加した時にされた。

 

ネットワークビジネスに興味がない人はそういう勧誘もあることは知っておいた方がよいだろう。

 

そんなしつこい勧誘はないと思うが、あまりにもしつこい勧誘者がいれば、個サルの開催者にその旨を話して出禁にしてもらうなどの処置をしてもらうべきだと思う。

 

ちなみにア〇ウェイに勧誘されたのは2回とも新〇阪のキャプテン翼スタジアムの個サル。(あんまり隠している意味ないな笑)

 

あの辺りにア〇ウェイの有力者がいるらしく、ア〇ウェイやっている人が多いという話。

 

そういったネットワークビジネスの有力者が多い場所(正直そんな場所わからないのだが)、転勤者が単身赴任や1人暮らしする場所の近くはそういった勧誘があるかもなので気を付けてほしい。

 

まとめ

今回は個サル参加で気を付けてほしいことについてお伝えした。

 

今回の記事をまとめるとこんな感じ。

 

S.K
ホシノ

・自分のレベルにあった個サルに参加しよう

・マナーを守って嫌われるプレーはしない

・ネットワークビジネスの勧誘もあるかもなので気を付けて

 

今回の記事を参考にして頂ければ個サルは楽しくないということには、あまりならないと思う。

 

個人的にだが個サルとフットサルは別競技だと思うくらい違うものだと思う。

 

なので個サルで目に分かる系の個々の技術が上手くなることはあっても、フットサルが上手くなることはないだろう。

 

個サルで活躍するのが目標なのであれば、目に分かる系の個々の技術(ドリブル、パス、トラップなど)を高めていきましょう。

 

今回の記事はここまで。

 

最後までお読みいただきありがとう!

 

コメント